iPhone Xで快適ワイヤレス開発

iPhone Xが届いたのですが、さっそく2歳児のオモチャにされています。

動物が自分と同じ表情をしてくれる機能があり、それがいたく気に入ったようです。
画像は、息子が大口を開けたり、カメラを覗き込んだりしている様子です(笑)

こうした遊び心のあるテクノロジーの使い方は素敵ですね!(さすがAppleさん)
私もこのようなアプリを作れるように精進したいと思います。

iPhone Xに変えて一番嬉しかったのが、アプリの開発環境を無線化できたことです(笑)

今までアプリをテストする時は、iPhoneとMacをケーブルで繋ぐ必要があったのですが、iPhone Xの無線給電と、iOS11のwi-fiデバッグ機能でケーブルが不要になり、ものすごく快適になりました(T_T)

これだけでもiPhone Xに変えて良かったです(笑)

wi-fiデバッグだけでも快適なので、開発者の方はぜひ試してみてくださいね。

iPhoneとMacをケーブルで繋いだ状態で、XcodeのWindow -> Devices and Simulatorsで、Connect via networkにチェックを入れるだけで有効にできます。

あー、すっきりした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク